コラーゲンとは

コラーゲンとは、関節や皮膚、筋肉、内臓、眼球、頭髪など、体内の至るところに存在するたんぱく質です。私たち人間の体内にあるたんぱく質の約30%を占めるのがコラーゲンで、細胞同士をつなぎとめたり、細胞組織を並べる働きを担っています。

コラーゲンが不足すると

コラーゲンが不足すると細胞同士をつなぎとめる力が失われ、たるみやシワが発生します。また、細胞同士がうまく並べられないため、表皮のきめが粗くなってしまいます。コラーゲンが老化防止に役立つのは、細胞の働きを正常に保ち、潤いとハリに満ちた素肌に導いてくれる役割を果たしているからです。

健康維持に

また健康維持にも欠かせないのがコラーゲンです。コラーゲンには骨を強くする働きや血管を健康な状態に保つ働きもあります。また、眼球にも良い影響を与えるのがコラーゲンです。水晶体や角膜のハリもコラーゲンの働きによるもので、老眼を遅らせる効果も期待できます。更には、コラーゲンを摂取することで頭髪が痩せ細るのを防止し、髪の毛にコシを与えてくれます。そのため育毛効果も期待できるのです。

美容と健康の維持促進、老化防止など、ミラクル効果の期待できるコラーゲンですが、20歳を過ぎた頃から急速に減少し始めます。いつまでも健康的に美しい自分でありたいなら、せめて25歳を過ぎたあたりから積極的にコラーゲンを摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ